So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『スコーピオン落選 !』 [続・兵器図鑑㊼]

Scorpion.jpg
米空軍は〈軽攻撃機〉をターボプロップ・エンジンのテキストロンエイビエーション「AT-6ウルヴァリン」とシエラネヴァダ=エンブラエル「A-29スーパートゥカーノ」の二型式に絞り込んだ。これによりテキストロンの「スコーピオン」とL-3テクノロジーズ「AT-802L」は落選した。
xx.jpg 次回の実証は2018年5月から7月にかけ「AT-6ウルヴァリン」と「A-29スーパートゥカーノ」飛行比較をアリゾナのデイヴィス モンタン空軍基地で行う予定だ。
Wolveire.jpg 「AT-6ウルヴァリン」
SuperToouCano1.jpg 「A-29スーパートゥカーノ」
Scorpion-DR.jpg 「スコーピオン」
AT-802L.jpg 「AT-802L」
空軍長官ヘザー・ウィルソンは「各社の整備性、データネットワーク機能、センサー機能を精査比較し、試した結果「AT-6」、「A-29」を最終候補に選定した。今後さらに必要なデータを迅速に収集する」と述べた。
また航空戦闘軍団司令官マイク・ホームズ大将も「安価な既存機種で中東を念頭に、近接航空支援の要求に答えられるかを試してみたい。そして今「A-10」や「F-16」で実施中のコストと比較したい」と語った。
空軍参謀総長ディヴ・ゴールドフェイン大将は「低コストで整備運用が簡単な機体を導入すれば相互運用効果があがる」と話し、「F-35」や「F-15」を購入できない貧国との共同作戦の実施が可能になる事を示唆した。安価な軽攻撃機を何百機も導入すれば、機材が多いほど運用効果が上がり、パイロット訓練も増やせる。事実次回の実証実験にはカナダ、オーストラリア、アラブ首長国連合、パラグアイ等の関係国を招待する予定だ。この実証は主に補給、整備の要求水準を調べるもので、他にセンサー、訓練も視野に入っているが、これにかかる費用負担は未定で、日程も決まっていないのが現状だ。


US Air Force kills combat demo for light attack aircraft
By: Valerie Insinna
https://www.defensenews.com/air/2018/02/02/us-air-force-kills-combat-demo-for-light-attack-aircraft/より抜粋。

ロシア軍の「A-10」と呼ばれている「Su-25」が「MANPAD(携帯式地対空ミサイル)」で撃墜された事実はターボプロップ・エンジンの軽攻撃機などは簡単に撃ち落されるという事だ。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。