So-net無料ブログ作成
続・兵器図鑑㊸ ブログトップ
前の2件 | -

『群山空軍基地所属米空軍F-16』 [続・兵器図鑑㊸]


在韓米軍・群山(クンサン)空軍基地に所属する米空軍F-16ファイティング・ファルコン戦闘機の空中給油。 U.S. Air Force F-16 Fighting Falcons from Kunsan Air Base, Republic of Korea perform aerial refueling operations.
from USA Military Channelさま
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『F-15E カタールを飛ぶ』 [続・兵器図鑑㊸]


カタール・ドーハの街の上空を低空飛行するアメリカ空軍のF-15Eストライクイーグルとカタール空軍のミラージュ2000-5。 U.S. Air Force F-15E Strike Eagles and Qatar Air Force Mirage 2000-5 perform a flyover on Doha, Qatar.
from USA Military Channelさま

       《関連ニュース》

(CNN) 米国防総省は22日、中東カタールに米国製戦闘機「F-15QR」型機を計36機売却すると発表した。米ボーイング社が米ミズーリ州セントルイスの工場で製造し、2022年末までに引き渡す見通し。
売却価格の総額は60億ドル(約6800億円)。
サウジアラビアやバーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)などのペルシャ湾岸諸国と現在、対立状態にあるカタールが今回の決定を歓迎するのは確実。サウジなどはカタールのテロ支援を理由に断交に踏み切っていた。
この外交摩擦に対しトランプ米政権は当初、サウジ寄りの姿勢を表明。しかし、数日後には事態打開の調停役を担う立場を打ち出していた。この中でカタールのムハンマド・ビン・アブドゥルラフマン・サーニ外相は先月訪米し、トランプ大統領はカタールとサウジなどとの対立に終止符を求めているとし、カタール、米国両国関係の現状をたたえていた。
米軍はカタールのアルウダイド空軍基地を過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」やアフガニスタンの反政府武装勢力「タリバーン」の掃討作戦の出撃拠点として使っている。
(c) 2017 Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.
[飛行機]「F-15QR」とはカタール仕様「F-15E」の事です。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - 続・兵器図鑑㊸ ブログトップ