So-net無料ブログ作成
検索選択
軍事㉚ ブログトップ
前の2件 | -

『沈黙の原潜 シーウルフ』 [軍事㉚]

sw.jpg
ssn-21-logo.gif 2013年8月にワシントン州ブレマートン港を出港した米海軍攻撃型原子力潜水艦『SSN-21-シーウルフ』が消息を絶った。そのひと月後、『SSN-21-シーウルフ』の姿はノルウェーのハアコンスベルン軍港にあった。『SSN-21-シーウルフ』は数千マイル離れた所まで北極海を潜航航行して到着したのだ。
sw2.jpg sw3.jpg 『SSN-21-シーウルフ』は70隻ほどの米潜水艦部隊の中で、姉妹艦『SSN-22-コネチカット』、『SSN-23-ジミー・カーター』とともに極めて隠蔽性が高い〈米海軍特別戦隊〉に編入されている。従って〈シーウルフ〉級は一度航海に出ると何カ月も消息不明になる。乗組員の夫人たちも主人が何処でどうしてるか?全く把握出来ないと答えている。
しかしながら与えられた極秘ミッションは見事任務完了しているようで、2007年に『SSN-21-シーウルフ』乗組員140名に〈殊勲賞〉が授与され、2009年には〈海軍部隊受勲〉が授与されている。潜水艦の任務の一つに、情報収集や巡航ミサイル発射等に加え、テロ国家に特殊部隊員を送り込んだり、その偵察や強襲作戦バックアップがある。〈シーウルフ〉級がこれらの任務をこなしているのかはわからないが、所属部隊も不明でたとえ艦隊編入されても簡単に移動出来るのは事実である。
行動が判明しているのは、2011年3月に『SSN-22-コネチカット』が北極海で新装備テストに投入された事だ。『SSN-22-コネチカット』及び新造のバージニア級原子力潜水艦『SSN-778-ニューハンプシャー』がアラスカの北極海沿岸のプルドーベイで〈ICEX〉と呼ばれた演習を開始した。去る事1958年に『SSN-571-ノーチラス』が史上初めて北極点下航行して以来実施された同等の演習だ。
US_Navy_070725-N-8467N-001_Seawolf-class_fast-attack_submarine_USS_Connecticut_(SSN_22)_departs_Submarine_Base_New_London.jpg 『SSN-22-コネチカット』
USS New Hampshire, SSN-778.jpg 『SSN-778-ニューハンプシャー』
米海軍は「『SSN-22-コネチカット』は〈米海軍極地潜水活動研究所〉と〈ワシントン大学応用物理教室〉との共同で、氷原下で新型装備運用試験の作戦訓練を実施した」と発表した。主にレイセオン製の〈ディープサイレン通信装置〉と〈高周波ソナー〉を使用した北極海中の安全航行訓練だったようだ。
『SSN-21-シーウルフ』にも『SSN-22-コネチカット』同様の〈氷山下航行装備〉を搭載してるのは間違いはないだろう。現在北極圏の氷山は減少の一途をたどっており、〈対外国海軍勢力〉が新航路が開拓する要素は十分にあると米海軍は見ている。北極圏の新たな安全保障面に重大な関心があるのだろうか?
なんにせよ『SSN-21-シーウルフ』がロシア領海の下を掻い潜りノルウェーへ到達した事は間違いのない事実だ。ロシアのリアクションが楽しみである。

The 'Secret' Submarines the U.S. Navy Doesn't Want to Talk About (And Russia Fears)
David AxeNovember 19, 2016
http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-secret-submarines-the-us-navy-doesnt-want-talk-about-18463より抜粋。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『ヘリから空中狙撃!』 [軍事㉚]


アメリカ海兵隊・第31海兵遠征部隊のスカウト・スナイパー(前哨狙撃兵)によるヘリコプターからの空中狙撃訓練。
第31海兵遠征部隊は沖縄に拠点を置く、米海兵隊で唯一の前方展開された海兵遠征部隊で、アジア太平洋地域におけるアメリカ海兵隊の即応部隊です。
from USA Military Channelさん
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - 軍事㉚ ブログトップ