So-net無料ブログ作成
兵器図鑑㊳ ブログトップ
前の2件 | -

『中国国産空母1号艦、完成近し!』 [兵器図鑑㊳]

chi.jpg
《北京発》:〈チャイナミリタリー 〉9月28日付は建造中の中国初となる国産空母の艦橋部分据付けが終わり、完成に一歩近づいたと報道した。艦橋設置は艦体建造の最終段階で艤装がこれから始まる。〈新型XバンドAPAR〉を設置するため艦橋上層部は2層構造になっている。〈新型XバンドAPAR〉は探知範囲が長くなるだけでなく、多数の目標を探知出来る性能を持つ。
同空母は〈アクティブ・フェイズドアレイレーダー〉および艦載機は各種40機から50機を搭載する模様で、将来はレーザー兵器装備も想定しているようだ。
また 「他国の空母建造は艦橋設置に半年はかかっている。しかし我が空母は今年の末か来年早々には進水するだろう」と述べた。
chi2.jpg 〈新型XバンドAPAR〉搭載でレーダー性能は『遼寧』を凌駕し、戦闘能力が飛躍的に向上するだろう。将来中国が導入を想定している〈レーザー兵器〉は、米軍でさえまだ出力が脆弱でミサイル等撃ち落とす力は無いが、将来の主要兵器開になることは疑う余地がないだろう。発射速度と弾薬運搬搭載量の見解からで、中国も開発中で大型艦への搭載が考えられる。
遼寧3.jpg 16 辽宁号航空母舰『遼寧』
〈中国国産空母〉の搭載航空機の内訳は『J-15』が24機~32機、残りは〈早期警戒機〉、〈電子攻撃機〉、〈ヘリコプター〉となるようだ。『遼寧』の搭載機数は『J-15』24機なので相当の戦力増強といえる。
1号艦は準大型クラスの遼寧と排水量が近似していて搭載機は最大50機程度だ。軍事専門家は同艦は訓練用に使用され、現在建造中の〈2号艦〉以後が実戦就航するだろうとみている。
J-15.jpg 『J-15』
Expert: China-made aircraft carrier may enter water at year end 2016-09-28
http://eng.chinamil.com.cn/view/2016-09/30/content_7285396.htmより抜粋。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『DCNSのオーストラリア次期潜水艦建造にロッキード連合加わる!』             [兵器図鑑㊳]

0.jpg
《パリ発》:オーストラリ政府は〈DCNS〉の戦闘システムパートナーとして〈ロッキード・マーティン社〉が統合事業者として選定された事を歓迎する」とし、〈DCNS〉及び〈ロッキード・マーティン社〉連合の設計契約を承認。これにより〈バラクーダ・ショートフィン1A遠距離攻撃潜水艦〉構想進展も歓迎すると述べた。
3.jpg 1.jpg 4.jpg 2.jpg 9月30日の報道では〈オーストラリア国防相〉マリーズ・ペインならびに〈国防産業相〉クリストファー・パインから〈レイセオン〉が優勢と伝えられていたが、ここに来て〈ロッキード・マーティン社〉が急遽選定された。オーストラリア発表を受け〈フランス国防相〉ジャン・イブ・ルドリアンは「今後長きに渡る潜水艦部門での戦略的提携関係の大切な一歩」と同日声明を出している。〈DCNS会長兼CEO〉エルヴェ・ジローも「この契約により〈DCNS〉はオーストラリア向け次世代潜水艦建造の第1歩を踏み出す事が出来る。わが社は、オーストラリア政府と〈ロッキード・マーティン社〉そしてオーストラリアの国内産業界と長期的な戦略的関係を築ける事を願望している」と語った。
8.jpg またオーストラリアは、〈DCNS〉がインド向けに建造中の〈スコルペヌ型潜水艦〉技術情報漏洩事件の懸念は無用と主張している。
DCNS Satisfied With Australia's Pick of Lockheed for Sub Project
By: Pierre Tran, September 30, 2016
http://www.defensenews.com/articles/dcns-satisfied-with-australias-pick-of-lockheed-for-sub-projectより抜粋。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - 兵器図鑑㊳ ブログトップ