So-net無料ブログ作成
検索選択
兵器図鑑㊲ ブログトップ
前の2件 | -

『キャプテン ジェームス・カーク』 [兵器図鑑㊲]

1015317.jpg
2016年9月6日(火曜日)にバス鉄工所内の『USSズムワルト』の前で記念撮影するキャプテン「ジェームス・カーク」大尉。
0.jpg 『NCC-1701』の「ジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)」船長。
2.jpg 1.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg 搭載予定の「BAEレールガン」のプロトタイプ
12.jpg 13.jpg mail.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『Tu-95LAL』 [兵器図鑑㊲]

23-1.jpg
『Tu-95LAL』=旧ソビエト連邦の航空機設計機関〈ツポレフ設計局』が『Tu-95』爆撃機のエンジンを〈原子力推進〉に置き換える事が出来るかテストするため特別改造された実験機である。ロシア名は『Tu-119』と呼ばれる。
119_c.jpg at.jpg mq1fnkmBIZk.jpg 『Tu-95LAL』は、その原型となった『Tu-95』に〈クズネツォフ NK-14原子力駆動エンジン〉を搭載させ、1965年にソ連航空機生産省とソ連空軍も加わり、胴体後部に備えられた2基の原子炉動力を稼働させ初飛行した。
当時の情報では、この時『Tu-95LAL』は連続48時間の飛行に成功したとされるが、機体に米軍のような〈放射線防護シールド〉が装備されていなかったため、テストに参加した乗員12名のうち大半が数年のうちに死亡。1990年代まで生存していたのはたった3名に過ぎなかった。
16-1.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - 兵器図鑑㊲ ブログトップ