So-net無料ブログ作成
検索選択
兵器図鑑㉖ ブログトップ
前の2件 | -

特報!!『F-35A初号機、名古屋で組立開始!!』              [兵器図鑑㉖]

f35-1e2d9.jpg
ワシントン発=本日、日本向けF-35A初号機の機体組立が名古屋で開始された。合同事業推進室が12月15日付で、『AX-5』と名付けられたF-35Aの主翼、胴体、尾部の組み立てが始まったと伝えた。
2.jpg 4.jpg 3.jpg 『AX-5』は日本国内生産では初のF-35Aで航空自衛隊に2017年中に納入される予定だ。ロッキード・マーティンのフォートワース製造施設でも日本に納入される42機のうち4機が組み立ての最中で、1号機『AX-1』は2016年中に引き渡される。残りの38機はすべて日本国内で製造され、航空自衛隊に納入される。

First Japanese-built F-35 Begins Assembly
By Lara Seligman4:52 p.m. EST December 15, 2015
http://www.defensenews.com/story/defense/air-space/2015/12/15/first-japanese-built-f-35-begins-assembly/77378304/より抜粋。 fromLockheedMartinVideosさん

『地上配備弾道ミサイル防衛システム、迎撃テスト成功!』             [兵器図鑑㉖]

1.jpg
ミサイル防衛庁(MDA)が発表した所によると、ハワイのイージスアショア地上配備弾道ミサイル防衛(BMD)システム実験場で、初の迎撃テストに成功した模様。ミサイル防衛庁(MDA)は地上配備BMDシステムには米海軍イージス艦と同じレーダーとミサイルが使用されていると言う。
ミサイル防衛庁(MDA)は「今回の実験は『フライトテストオペレーション-02イベント1a』と命名され、その目的はイージスアショアの実戦能力の実証以外に『BMD』の骨子有効性の確認だ」と声明文を発表している。
3.jpg 迎撃テストの概要は、レイセオンの『スタンダードミサイル-3ブロックIB』をハワイ州カウアイ島の太平洋ミサイル試射施設から発射。ミサイルは米空軍C-17から発射された標的を正確に破壊した。標的をレイセオンの『AN/TPY-2 Xバンドレーダー』が探知し、追跡データをハワイのイージスアショアシステムに中継した。
0.jpg MDA長官ジェイムズ・シリング海軍中将は「今日の実験でイージスアショアにも海軍に配備中の装備と同等な性能がある事が実証出来た。まもなくヨーロッパ段階的適合計画(EPAA)の第二段階配備としてルーマニアで実戦化する」と声明文を出した。
ルーマニアのイージスアショアは12月31日に電源が入る予定で、ポーランドに建設中の第2施設は2018年に実戦稼働する。
この2箇所の施設とスペインのロタに前方展開中のアーレイ・バーク級誘導ミサイル駆逐艦がBMD体制を構成する。

Aegis Ashore Scores in First Intercept Test
By: Sam LaGrone December 10, 2015 7:53 AM
http://news.usni.org/2015/12/10/aegis-ashore-scores-in-first-intercept-testより抜粋。

前の2件 | - 兵器図鑑㉖ ブログトップ