So-net無料ブログ作成
ミステリー・ゾーン ブログトップ
前の2件 | -

『アポロ17号月面着陸の嘘』 [ミステリー・ゾーン]

m3.jpg
いかにも月面ポィ記念撮影だが・・・ m2.jpg 宇宙飛行士のヘルメットに〈ステハン〉が映っている。
撮影したのは同僚、もう一人は月の上空。
じゃ誰だコイツ?

m1.jpg 無事地球に帰還したかのような「カプリコン 1」そのもの
m0.jpg MO.jpg
ハンドルネーム「Streetcap1」がYouTubeにアップロードしたビデオ
アポロ計画はすべて冷戦時代におけるフェイクだとサ。そもそも〈ヴァン・アレン帯〉は今でも人類は抜けられないらしい。将来本当に探査機や人類が月にいったら嘘か誠か決着するね。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『この絵本物?』 [ミステリー・ゾーン]

ld.jpg
元値6.800円の絵画がレオナルド・ダビンチ作とされ、約508億円で落札されたが、一部の鑑定家はダビンチの作品ではなく、15世紀後半から16世紀初めにかけて活動したレオナルドの工房出身のイタリアの画家ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラフィオ作だと報じている。
dl2.jpg ⇧レオナルド・ダビンチ MO.jpg
          関連情報
 【ニューヨーク=共同】イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチがキリストを描いた油絵が十五日午後(日本時間十六日午前)、米ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ約四億五千万ドル(約五百八億円)で落札された。主催した競売大手クリスティーズによると、美術品としては史上最高の落札額。
二十枚もない現存するダビンチの絵画のうち唯一の個人所有で、長年行方不明になっていたため「幻の作品」として注目を集めていた。
主催する競売会社クリスティーズは落札価格を一億ドル(約百十三億円)前後と予想していた。落札者は明らかにされていない。
油絵「サルバトール・ムンディ」(「救世主」、縦約六十五センチ、横約四十五センチ)は一五〇〇年ごろに制作された。青い服をまとって右手を軽く上げ、左手に水晶玉を持ったキリストの上半身が描かれている。
同社によると、十七世紀に英国王チャールズ一世が所有していたが、その後、所在が分からなくなった。二〇〇五年に再び存在が確認されてダビンチの作品と鑑定され、一一年にロンドンのナショナルギャラリーで展示され大きな話題となった。この作品を除くダビンチの絵画はいずれも各地の美術館に所蔵されている。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - ミステリー・ゾーン ブログトップ