So-net無料ブログ作成

『オウムアムア』 [科学]


(CNN) ハワイの天文台で10月19日に観測された物体は、太陽系外から来た「恒星間小惑星」で、これまでに観測されたどの天体とも違っていた――。ハワイ大学などの研究チームが20日の科学誌ネイチャーにそんな研究結果を発表した。太陽系外からの物体が観測されたのは初めて。研究チームはこの物体を「オッドボール」と呼んでいる。
高速で移動するかすかな光体は当初、太陽系内から来た彗星(すいせい)か小惑星と考えられていた。しかし軌道を調べた結果、恒星間の空間から飛来したことが分かったという。
研究チームは複数の望遠鏡でこの物体に照準を合わせ、時速13万8000キロの超高速で視界から消えるまでの3夜にわたって観測を続けた。
ハワイ大学天文学研究所のカレン・ミーチ氏によると、この物体は高速で回転していて、大きさは少なくともフットボール競技場ほど。明るさが大きく変化する様子が観測された。
表面は岩盤に覆われ、細長い葉巻のような形をしていて、何百万年も宇宙線の放射線にさらされた影響で暗い赤みがかった色をしているという。成分は金属でできている可能性が高く、7.3時間ごとに自転していた。
長さが幅の10倍もある形状の天体が観測されたのは初めて。明るさの変化はこの複雑な形状が原因だった。
国際天文学連合は、この物体を初の恒星間小惑星と分類し、「A/2017 UI」と命名した。その後、ハワイの言葉で「遠い過去からたどり着いた使者」というような意味の「オウムアムア」という正式名が付けられた。
interstellar_asteroid.jpg 米航空宇宙局(NASA)の研究者は、「このような恒星間天体の存在は、理論上は何十年も前から指摘されていたが、初めてその存在が直接的に証明された」と解説する。
これまでの研究から、太陽系が形成される過程では彗星や小惑星が放出されたことが分かっている。太陽系外の恒星系でも同じ現象が起きていたと推定され、今回の恒星間小惑星はそうした恒星系の形成について解明する手がかりにもなり得る。
太陽系内にはそうした太陽系外からの「使者」が、年間1~10個ほど存在している可能性が大きい。しかし超高速で移動することから、これまでは観測できていなかった。
オウムアムアはこと座のベガの方向から長い歳月をかけて太陽系に到達し、何億年もの間、天の川銀河を突き抜けて進んでいたと思われる。
もしこうした星間小惑星が地球に衝突したとすれば、その威力は太陽系内の小惑星が衝突したときをはるかにしのぐ可能性がある。
NASAなどは地上と宇宙の望遠鏡を使ってオウムアムアの追跡を続けている。現在は地球から約2億キロの距離(火星と木星の距離に相当)にあり、火星の軌道を通過して来年5月には木星を通過。2019年1月には土星の軌道を越えて太陽系を離れ、ペガサス座の方向へ向かうと予想されている。
今後は他の恒星間小惑星も観測できるようになる見通しで、欧州南天天文台の研究者は、「初の恒星間小惑星を発見した今、次の発見に向けた準備を整えている」とコメントした。

(c) 2017 Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『ホントの地球の形』 [科学]

Earth.jpg
[iモード]人工衛星などの計測から造形された「ジオイド(平均海水面を陸地にまで延長したと仮定した場合に全地球を覆う仮想的な海面のこと)」の地球模型。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー