So-net無料ブログ作成
軍事⑫ ブログトップ
前の2件 | -

『Lock N' Load』 [軍事⑫]



from Weapon Documentaries: Lock N' Load さん
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『ユーロファイター・タイフーンの輸出の鍵はレーダー改良にあり』 [軍事⑫]

Eurofighter Future Exports Hinge On Advanced Radar Deal
By Reuters
aviationweek.com June 05, 2013
Credit: EADS
EUROFIGHTER.jpg
ユーロファイター・タイフーンの輸出拡大には英国、ドイツ、イタリア、スペインの加盟各国が高性能レーダー開発の資金供出に正式合意する必要がある。
同機導入の可能性があるアラブ首長国連邦などからはEスキャンレーダーE-scan radars(AESA?)を現在のMスキャンレーダーのかわりに搭載してほしいとの要望が出ている。これを語るのはクリス・ブッシェルChris Bushell、Selexの電子戦担当上席副社長で同社はイタリアのフィンメッカニカFinmeccanicaの防衛需要電子製品部門だ。
加盟四カ国は新技術開発に2011年に原則合意しているが、正式契約の署名はドイツ総選挙をにらみ延期中で、ユーロファイターは来年上半期中までの発効を求めている。
「Eスキャン搭載なしではタイフーンの輸出は無理と思いますね」とブッシェルは見ている。「このことは加盟国で認識されているのですが、UAEが要求が厳しい顧客であることも頭に入れておく必要があります」
ユーロファイター・コンソーシアム加盟国は「要求どおりの時期に」同技術が搭載されるとUAEを「確信」させる必要があるとブッシェルはいう。
昨年のインド商戦で200億ドル126機規模の輸出可能性にふたを閉ざしたのがこのレーダー問題だった。インドは結局フランスのダッソー・ラファールを選んでいる。
UAEもラファールを100億ドルで購入する寸前までいったが、取引条件で不満が出てご破算にしている。このためユーロファイターに希望が出てきた。
Mスキャンとは機械式スキャン機能のレーダーで目標探知には物理的に装置を移動する必要がある。Eスキャンは電子スキャン方式で電子ビームを移動させて迅速な作動が可能。
ユーロファイター・コンソーシアムはEスキャンレーダーの初期開発に資金を投入しており、2014年第一四半期にフライトテスト予定だという。その開発日程では機体に同レーダーを搭載したものの引渡しは2017年の予定だ。
なお、サウジアラビアおよびオマーンがユーロファイターを受注ずみ。■

投稿時刻 6 hours ago、投稿者 moneyfreedom さん
ラベル: AESA ユーロファイター・タイフーン UAE
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - 軍事⑫ ブログトップ