So-net無料ブログ作成
軍事⑦ ブログトップ
前の2件 | -

『次期哨戒機P1を納入 川崎重工』 [軍事⑦]

2.jpg
潜水艦や水上艦の動向を探知する海上自衛隊の次期哨戒機P1の納入式が26日、川崎重工業岐阜工場(岐阜県各務原市)で開かれた。納入された2機は神奈川県の厚木基地に配備、約2年の試験飛行を経て海上の警戒監視に当たる。
P1は現在のP3C哨戒機の後継で純国産のジェット機。川重によると、搭載された電子機器から発生する電磁波の影響を避けるため、翼のフラップや方向舵などの制御システムに光ファイバーを通じ操縦信号を送る世界初の実用機だ。
左藤章防衛政務官は「尖閣諸島周辺での中国船の領海侵入など情勢は厳しさを増している。P1が日本や国際社会の安全確保のため中核的な役割を果たすと確信している」と述べた。
防衛省によると、P3Cと比べて高速性などの点で勝り、レーダーの探知能力も向上した。海自は保有するP3C約80機をP1約70機に置き換える計画を進めている。

2013.3.26 14:13 (産経新聞)
1.jpg
3.jpg
[飛行機]海上自衛隊潜水艦部隊とタッグを組み、東シナ海方面での活躍が期待されています。詳しくは当ブログのP-1 固定翼哨戒機検索でどうぞ
前の2件 | - 軍事⑦ ブログトップ