So-net無料ブログ作成
軍事⑥ ブログトップ
前の2件 | -

『ボーイングがロッキード・マーティンと共同で新型爆撃機開発に名乗りを上げる』 [軍事⑥]

Boeing And Lockheed Martin Team On New Bomber
By Bill Sweetman william.sweetman@aviationweek.com
1.jpg
2.jpg
Source: AWIN First
aviationweek.com October 25, 2013
Credit: Boeing
ボーイングとロッキード・マーティンは10月25日合同発表をおこない、米空軍向け長距離打撃爆撃機 Long-Range Strike Bomber (LRS-B) に共同して開発することを明らかにした。ボーイングが主契約社となり、ロッキード・マーティンが共同開発先となる。
LRS-Bとは高性能ステルス長距離爆撃機を80から100機米空軍に納入する構想で初期作戦能力獲得を2024年ないし26年に設定し、機体価格の上限を550百万ドルにする。
今回の進展を見ると、2007年以来はじまっていたとされる極秘プロジェクトが順調に進展していることがわかる。両社が最初に制作しようとしていた時点では次世代爆撃機 Next-Generation Bomber (NGB) 計画と呼称され、2018年の実戦化をめざしていた。だがNGBは2009年に前年の金融危機の余波をうけ取りやめとなっている。空軍はLRS-B開発の裁量を2011年初頭を得て、その際に作戦能力の諸元は若干低くすることで単価目標を下げている。
LRS-BはLRSファミリーの一部となる点でNGBと異なるのが特徴で、長距離ステルス無人機、新型巡航ミサイルと一体で運用される。しかし、NGBもリスク回避のため並行して継続されていると業界筋は証言しており、ロッキード・マーティンのスカンクワークスが飛行実証機を作成しているという。
2011年に空軍を退役したマーク・シャックルフォード中将Lt. Gen. Mark Shackelfordは当時調達担当空軍次官補室に軍事代表として勤務しており、9月の空軍協会大会でリスク軽減さくとしての契約がLRS-Bの中核となる5分野で交付されており、競作に参加する各社は要求水準を上回る性能を実現することができると発言。政府筋から「リスク低減」契約とは実は相当の規模であるとの示唆をAviation Weekは受けている。「リスクヘッジの対象は2025年に機体を納入できなくなるリスクで、現時点でもう一歩で飛行させることができなければ、結局時限は絵に描いた餅になるからね」
ボーイングが主導的立場に立つことで同社のあまり知られていないがずっと開発してきたステルス技術が大きな進歩をとげていたことが判明した。ロッキード・マーティンはステルス機で蓄積したステルス機の知見を持ち込むとともにPolecat UAV試作機での空力特性技術も盛り込む。ノースロップ・グラマンがLRS-Bの競合先になるだろう。■

投稿時刻 16 hours ago、投稿者 moneyfreedom さん
ラベル: NGB USAF LRS-B 新型爆撃機
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『KF-X 韓国による採用をまだ断念しないボーイングのねらいはF-15使用国へ性能改修の売り込みにあるのか』 [軍事⑥]

Boeing Sees Possible Split Fighter Buy For Korea
By Amy Butler
Source: Aerospace Daily & Defense Report
aviationweek.com October 11, 2013

韓国により選定対象からいったんはずれたボーイングF-15サイレントイーグルで痛手を受けたボーイングだが再入札では期待値を下げ、一部採用が実現すれば上々と考えている。
F15.jpg
ボーイング防衛宇宙安全保障部門 Boeing Defense, Space and Security のデニス・ムレンバーグ社長 Dennis Muilenburg によると同社は今もサイレントイーグル開発に費用を支出しており、韓国のF-Xフェイズ3に再提案するという。当初案では60機導入し、F-4、F-5の代替機材とする内容だった。ボーイングは韓国とイスラエルを念頭にサイレントイーグルを開発したもののイスラエルは同機に目もくれずF-35を選定してしまった。
韓国政府は国防調達計画庁による勧告を無効としサイレントイーグル導入案を白紙に戻している。同国の求める予算規模(8.3兆ウォン、77億ドル)でサイレントイーグルが唯一の選択肢であった。ユーロファイターのタイフーンは資格外となり、ロッキード・マーティンのF-35は予算超過だった。
ムレンバーグによれば韓国はサイレントイーグルと他機種を分割購入するのではないかという。他機種がF-35になるで能性が高い。「今回実行が遅れている調達は60機の同時導入ですが、予算制約があり、日程が厳しい一方で高度技術導入をめざすのであれば分割調達がいいのではないでしょうか」と Aviation Week主催の円卓会議(10月10日)で語っている。韓国の希望は新型戦闘機を2016年に就役させることで、F-35では最初からその日程では実現が危ぶまれていた。
ムレンバーグはさらに同社提案は価格保証をしつつ韓国が求める性能がすばやく実現できるという。「第五世代戦闘機という用語はロッキード・マーティンに都合のよいことば」という。言及しているのはF-35のことであり、「全方位ステルス性能に議論が傾いていますが、ステルス性能重視のあまり性能が犠牲となっていない当社の機体について話をしたいですね」という。サイレントイーグルは全方位ステルス性能がないが、前面ステルス性を最適化しており、ペイロード、速度でF-35より優位だというのだ。
f35.jpg
韓国内にF-35を推す声が強いのは明らかで、韓国空軍の元空将15名が連名でF-35採用を求める公開書簡を出していた。
そこでボーイングの韓国戦略はオーストラリア事例と類似してくる。F-35を待つオーストラリアに同社はF/A-18追加購入させることに成功している。
時間逼迫を強調するのが同国向け営業戦略の一部で同社製品を導入すれば早ければ2015年12月には実戦運用能力が手に入ると主張する。
一方でムレンバーグはサイレントイーグルのパッケージにならったF-15の性能改修が同機運用中の各国から関心を集めていると発言。改修内容でデジタル式電子戦能力やレーダーの導入が可能となり、その場合はステルス性を意識した一体型兵装庫他は不要だという。■

投稿時刻 1 hour ago、投稿者 moneyfreedom さん
ラベル: ボーイング 韓国 F-X
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | - 軍事⑥ ブログトップ