So-net無料ブログ作成
検索選択
驚異 アーカイブ② ブログトップ
前の2件 | -

『科学の祭典』 [驚異 アーカイブ②]

〈貴重な映像アーカイブ〉⑬

東京シネマ 1965年イーストマンカラー(59分)
企画:社団法人国際技術協力協会 後援:通商産業省 
第18回オリンピック東京大会は、「料学の祭典」と呼ばれ全世界の賞讃の的となりました。記録に挑む各国選手に激賞されたグラウンド-日本独自のネオ・H‐アンツーカ、世界の水準を遙かに抜いて、初めて公認された目本のエレクトロニクス計時装置と写真判定装置、感激の坩堝と化した東京オリンピックのテレビ放送をオリンピック史上はじめて世界に発信した茨城県鹿島の衛星通信基地-等々。これは、白熱する東京大会を成功に導いた日本の科学・技術を広く国の内外にアピールするために製作された科学記録映画です。
オリンピック大会フィルム提供
日本放送協会、朝日新聞社、毎日新聞社、共同通信社
[製作]:岡田桑三
[演出]:竹内信次
[撮影]:加藤和三
[照明]:田畑正一
[音楽]:間宮芳生
[録音]:片山幹男
[製作主任]:郷田昭夫
[脚本]:吉見泰
[編集]:伊勢長之助
特殊撮影:鈴木喜代治
[造型]:田畑正一
[造型]:武田謙之助
[解説]:北出清五郎
[現像]:東洋現像所
[受賞]
文部省特別選定受賞
1965年 東京都教育映画コンクール全賞
1966年 科学技術映画祭優秀作品賞
1967年 第1回文部省青少年映画賞
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の2件 | - 驚異 アーカイブ② ブログトップ