So-net無料ブログ作成
TV ドラマ② ブログトップ
前の2件 | -

『プリズナーNo.6 :the Prisoner』 [TV ドラマ②]

pr.gif
[TV]1967年、イギリス製作の連続TVドラマ作品。主演・企画・監督(数話)は「パトリック・マクグーハン Patrick McGoohan」。各話約52分、全17本。とにかく、斬新、前衛的演出や哲学の領域まで踏み込んだSFカルト作品!!未だに人気は衰えません。

[TV]英国諜報部員の主人公は上司に辞表を叩きつけ、辞職する。そして、旅立とうと自宅で荷造りをするが、何者かによって催眠ガスで眠らされる。目覚めた主人公が見た世界は「村」と呼ばれる国籍不明の場所だった。主人公には「ナンバー・シックス」という番号がつけられ、「村」のリーダー「ナンバー・ツー」は主人公の「辞職の理由」と「情報」を執拗に聞き出そうとするが、彼は頑なに回答を拒否し、隙を見つけては「村」からの脱走を試みる・・・
---------------------------------------------------------------------------------
[製作総指揮]:パトリック・マクグーハン
[製作]:デイヴィッド・トンブリン
[音楽]:ロン・グレイナー(メイン・テーマのみ)、アルバート・エルムズ、ウィルフレッド・ジョセフス、ロバート・ファーノン、
[撮影]:ブレンダン・J・スタッフォード
[提供]:エヴリマンフィルムズ、ITC
[キャスト]
No.6(主人公)(パトリック・マクグーハン):小山田宗徳
No.2(ガイ・ドールマン):若山弦蔵
コッブ(ポール・エディントン):近石真介
No.2(ジョージ・ベイカー):浦野光
No.2(レオ・マッカーン):早野寿郎
No.2(コリン・ゴードン):富田耕生
No.2(エリック・ポートマン):久松保夫
No.12(ジョン・キャッスル):中田浩二
No.1(?)
---------------------------------------------------------------------------------


第1話:地図にない村 (ARRIVAL)
第2話:ビッグベンの鐘 (THE CHIMES OF BIG BEN)
第3話:A, B & C (A, B AND C)
第4話:我らに自由を (FREE FOR ALL)
第5話:暗号 (THE SCHIZOID MAN)
第6話:将軍 (THE GENERAL)
第7話:皮肉な帰還 (MANY HAPPY RETURNS)
第8話:死の筋書 (DANCE OF THE DEAD)
第9話:チェックメイト (CHECKMATE)
第10話:No.2旗色悪し (HAMMER INTO ANVIL)
第11話:暗殺計画 (IT'S YOUR FUNERAL)
第12話:反乱分子 (A CHANGE OF MIND)
第13話:思想転移 (DO NOT FORSAKE ME, OH MY DARLING)
第14話:悪夢のような (LIVING IN HARMONY)
第15話:おとぎ話 (THE GIRL WHO WAS DEATH)
第16話:最後の対決 (ONCE UPON A TIME)
第17話:終結 (FALL OUT)
---------------------------------------------------------------------------------
mcgoohan.jpg
ff.jpg
N.jpg
Pr.jpg
prisoner.jpg
r.jpg
[車(セダン)]劇中に出て来るマニア垂涎の車たち。
lotus7.jpg
mo.jpg
je.jpg





[TV]「村」の撮影にはイギリス、ウェールズの「ホテル・ポートメイリオン」が使用された。
pp.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

【電撃!! ストラダ5 1974】 [TV ドラマ②]

【電撃!! ストラダ5 1974】は日活が制作した30分枠のアクションTVドラマです。このドラマの凄い所は全13話日活本編の出演者、撮影スタッフを投入している事です。出演者を見ても、【宍戸錠】【地井武男】【黒木進】【大泉滉】【岡崎二朗】【小野進也〈ワイルド7〉】【剛達人〈でっかい青春〉】【丹古母鬼馬二】【山科ゆり〈日活ロマンポルノ女優〉】等、監督は【小沢啓一】【沢田幸弘】【林功〈日活ロマンポルノで有名〉】、撮影【高村倉太郎】、記録、録音、照明、助監督たちもぜ~んぶ本編の人たちです。映画に詳しい方なら、これがどんなに凄いのかお分かりのはずです。それも38年も前ですから、更にどえらい事だったと思います。ただ、日活は以前に『ハレンチ学園1970』を制作してるので最初とは言えませんけど(;^_^A
アクションは【怪傑ライオン丸】と同じ【渡辺高光】、アクションクルーも【JFA】の面々。カーアクションが多いこのドラマで【有川兼光】の特技が大いに発揮された事でしょう。企画の時から1クール〈13話〉だけしか制作しない事が決められており、放映時には撮影は既に終了していました。しかし、ジワジワと視聴率が上って来たため、2クールめが検討されたのですが、出演者や撮影スタッフのスケジュールが合わず断念した経緯があります。
このドラマの特異な点は毎回のゲスト女優陣が、その当時一世を風靡した【日活ロマンポルノ】女優たちで、主役の一人【山科ゆり】も若者たちに大人気の若手女優でした〈今でいうなら【吉沢明歩】【RIO】【SARAH】たちが子供番組に毎回出演してると同じ?〉。 撮影もロケ待遇も妥協を許さず本編と同じで、TV中心に活躍してきた【JFA】の若者たちは大いに喜んだ事でしょう。
面白い逸話が聞けそうなので、タイムシフトして【JFA】の連中にインタビューしてみましょう。
◆「さっき、俺たちが崖を降りて来るシーンを撮ったんだけど、監督に【小林旭】さんは、あの崖を3歩で降りてきたぞ、もっと早く降りて来いっ!て言われた」
◆「二条さん【二條朱美】、本編の撮影の合間にこっちに来て撮ってるんだけど、〈前張り〉したまんまなんだって、トイレ行けないし、汗かいて痒くなるしって俺たちに怒ってた」
◆「ゆりちゃん【山科ゆり】さぁバスん中で平気で着替えるんだ。目のやり場に困っちやうよ」
◆「【ライオン丸】の時はどくろ被ってたろ、でも【ストラダ】はスッピンだから家族に自慢出来るよ」
◆「今日の昼は500円現金支給なんだ〈この頃の牛丼並盛は200円〉何食っかな?」
◆「特効さんが弾一発1000円、この機関銃に10発入ってるから、1万円・・俺たちの一日分のギャラより高いなぁて笑ってたぜ」
◆「【ストラダ5】のヘルメット、先っぽが顔突いて怪我が絶えないから今日から被るの止めるってさ」
◆「日活の食堂、安いし、ボリュームあるし、美味い!」
------以上でした。
■俳優【地井武男】〈70歳〉さんが29日、心不全のため、亡くなられました。ご冥福をお祈りします。


コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - TV ドラマ② ブログトップ