So-net無料ブログ作成

『RAQ-25 スティングレイ』 [兵器図鑑㉙]

Boeing-Uclass.jpg
米国防省が艦載無人空中給油機に付けた『RAQ-25』の正式名称に米海軍は〈スティングレイ〉の愛称を加えたいと希望している。
草稿では『RAQ-25 スティングレイ』の名称が頻繁に出ているので、名称の変更は意外でもない。海軍は『CBARS艦載空中給油機』の名称は〈ダサい〉と今月初めに述べている。2月12日にもジョン・リチャードソン作戦部長が「『CBARS』よりいい名前がないのか?」と発言している。
これまで 3ヶ月で『CBARS』、『UCLASS』、『N-UCAS』、『J-UCAS』と目まぐるしく呼称が変更されている。これは〈NAVAIR海軍航空システムズ〉本部の混乱ぶりを表している。そして各軍のUAV各機に対する評価は『RAQ-25』の攻撃およびISRの高性能部分を保留とし、『ボーイングF-18E/Fスーパーホーネット』の給油機とした実情を安定化するほうが先だと結論付けた。
sr.jpg 〈USNI ニュース〉に今月初め、海軍作戦副部長ジョセフ・マロイ中将が「空中給油を優先し、ISRは限定的に、兵装も後日装備とし、まず第一に空のトラック機能を重視する事にした。ハイエンド部分を削ぎ落として生存性の増加と、将来の躍進に賭ける」と話していた。
海軍装備の名称を取り仕切っている海軍長官レイ・メイバスの報道官は名称の変更をまだ確認してはいない。そして、無人機推進派(メイバス長官は『F-35ライトニングII』が海軍が調達する最後の有人戦術戦闘機になると述べている。)と知られているメイバス長官が〈スティングレイ〉の名称で関与したかも不明だ。
UCLASS.jpg なお海軍は、〈合同要求性能検討評議会〉で『RAQ-25』の要求性能のプレゼンテーションをすべく準備中で、提案要求原案を本年中に提出し、ジェネラルアトミックス社、ボーイング社、ロッキード・マーティン社、ノースロップ・グラマン社の4社が競合する。

Navy Pushing New Name for Unmanned Aerial Tanker: RAQ-25 Stingray
By: Sam LaGrone February 27, 2016 10:39 AM
http://news.usni.org/2016/02/27/navy-pushing-new-name-for-unmanned-aerial-tanker-raq-25-stingrayより抜粋。

『中国の幽霊都市』 [環境問題]

0.jpg
全て見捨てられ、放棄された都市計画。内モンゴル自治区オルドス、天津近くの金融街、長沙の街近くの湖畔。
1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg mail.jpg/www.kaimichael.com

『続・FUN CAR ㊺』 [FUN CARs 図鑑]


『Bentley Mulsanne 』
from YouCar

『続・FUN CAR ㊹』 [FUN CARs 図鑑]


『McLaren 570GT』
from YouCar

『続・FUN CAR ㊸』 [FUN CARs 図鑑]


『Opel GT Concept』
from YouCar

『続・FUN CAR ㊷』 [FUN CARs 図鑑]


『Mission E』
from YouCar

『映画スターとTweets』 [ホビー]


from Jimmy Kimmel Liveさん

『デミ・ロヴァートと歌真似合戦』 [ジミー・ファロン]


from The Tonight Show Starring Jimmy Fallonさん

『新型長距離打撃爆撃機 B-21』 [兵器図鑑㉙]

B21.jpg
《ワシントン発 AFNS》:2月26日、フロリダ州オーランドで開かれた空軍協会主催の航空戦シンポジウムの席上で、デボラ・リー・ジェイムズ長官が次世代爆撃機予想図を披露し制式名称は
『B-21』と発表した。
そしてジェイムズ長官は全米空軍兵に『B-21』のニックネームを応募するよう求めた。「これが機体の完成予想図です。制式名も決定しましたがニックネームは未だです。そこで空軍関係者に、現役隊員、州軍隊員、予備役、民間人問わず〈AF.mil〉及び〈空軍ソーシャルメディア〉を通じて『B-21』に打って付けの愛称を提案してもらいたい」と述べた。米空軍は「試作機も完成してないが、今日お見せした〈想像図〉は初期設計概念図を基にしている。『B-21』の由来は〈LRS-B〉が21世紀初めての爆撃機になるからだ」と声明を発表。
『B-21』が ノースロップ・グラマン社が製造した『B-2』に酷似しているのは「つまるところ『B-21』は要求性能の実現のため、既存の成熟した技術内容を踏襲する事になったため」と ジェイムズ長官は述べた。
ノースロップ・グラマン社の広報も『B-21』爆撃機が与える将来への意味を力説し「弊社ノースロップ・グラマンは誇りをもって『B-21』爆撃機製造の主契約企業を務めます。米空軍と連携し、我が国の安全保障で生死を分ける性能を具体化します。なおご質問は空軍にして下さい」
米空軍はノースロップ・グラマン社に『B-21』の技術開発、製造準備、開発業務での契約を2015年10月27日付で交付していた。実戦配備開始は2020年代中頃となる見通しだ。
今回の発表はジェイムズ長官が〈空軍参謀総長〉マーク・A・ウェルシュ3世大将と一緒に2017年度予算案を上院に提出した数週間後に行われた。これは装備品の刷新が空軍にとっての最優先事項である事を改めて示している。2月10日、ウェルシュ参謀総長は議会公聴会で「今まで50年間に渡り、我が国を偉大な国にして来たのは充実した機材や装備のおかげだ。今後50年間も新装備で米国を偉大な国にする。他の装備類も性能改修、新開発をし、将来の脅威に対応する必要がある。だから旧式装備は処分し新型装備に一新するのがただ一つの対策だ」と証言している。
ジェイムズ長官は『B-21』のスキルは将来の高難度脅威要素にも十分対応出来、米本土から発進した『B-21』は世界中のいかなる地点をも空爆可能と述べている。

Air Force reveals B-21 Long Range Strike Bomber
By Mike Martin, Secretary of the Air Force Public Affairs / Published February 26, 2016
http://www.af.mil/News/ArticleDisplay/tabid/223/Article/673784/air-force-reveals-b-21-long-range-strike-bomber.aspxより抜粋。

『続・FUN CAR ㊶』 [FUN CARs 図鑑]


『 VW Bus 』
from Gus Queiroz

『続・FUN CAR ㊵』 [FUN CARs 図鑑]


『フィアット500 ジョリー』
from EV West

『続・FUN CAR ㊴』 [FUN CARs 図鑑]


『ミニ・モーク』
from EV West

『銀河系地図完成!』 [科学]

eso1606a.jpg
(CNN) 欧州南天天文台(ESO)が南米チリにあるAPEX望遠鏡で観測したデータをもとに、銀河系の星が生まれる領域を描き出した地図「ATLASGAL」を完成させた。
APEX望遠鏡では、銀河の質量の大部分が存在する「銀河面」と呼ばれる部分を南半球から観測。ESOの専門家は、「私たちの銀河の中の星が形成される領域について、初めて完全に調査できた」「これで星が形成されるガスの塊の大きさなど、この領域の特徴について研究できるようになる」と解説する。
eso1606b.jpg ATLASGALの画像では赤外線と電波との間のミリメートル以下の波長をとらえ、銀河に浮かぶちりやガスの分布図を描き出している。APEXでは2007年7月~2010年11月まで数年をかけ解析が行われ、他の機関の観測データとも組み合わせて完成させて、天文学会誌の1月号に発表された。

地図上ではAPEXで観測したデータを赤、米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「スピッツァー」がとらえたデータを青、欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星「プランク」の観測データを淡い赤色で表している。
APEX望遠鏡はチリのアタカマ地方の標高約5000メートルの地点にあり、温度が絶対零度に近いガスやちりで構成される「冷たい宇宙」を観測できる。
eso1606e.jpg 銀河系の中心部は北米や欧州からの観測が難しく、南半球からの方が観測しやすいという。
ATLASGALの画像はすべてESOのアーカイブサイトを通じて公開され、誰でも自由にダウンロードできる。
2016.02.25 Thu posted at 12:39 JST

『続・FUN CAR ㊳』 [FUN CARs 図鑑]

『ランチャ』
「/DRIVE」
「amjayes2」
「Marchettino」
「Jay Leno's Garage」

『続・FUN CAR ㊲』 [FUN CARs 図鑑]



『アルファロメオ・ジュリア』
from Carfection/Petrolicious

『続・FUN CAR ㊱』 [FUN CARs 図鑑]

『トライアンフ TRシリーズ』

『世界一不細工な虎』 [Cute]

0.jpg
「近交系」配偶で生まれたホワイトタイガーの「ケニー」
1.jpg 3.jpg 4.jpg 6.jpg 画像ソース:mail.jpg

『Fast and Furious 8 起動開始!』 [Fast & Furious8]

f8.jpg
『Fast and Furious 8』の舞台はニューヨーク。全米公開は2017年4月14日予定。
現在迄に内定しているキャストは
vj.jpg 「Vin Diesel」
dj.jpg 「Dwayne Johnson」
js.jpg 「Jason Michael Statham」
mr.jpg 「Michelle Rodriguez」
tg.jpeg 「Tyrese Gibson」
lu.jpg 「Ludacris」
Lb.jpg 「Lucas Black」
プロデューサーも務めるヴィン・ディーゼルは撮影が始まった「8」そして「9」2019年4月19日公開予定。「10」2021年4月2日公開予定。この3部作で「Fast and Furious 」にピリオドを打つと語っています。因みに「8」の監督は『F・ゲイリー・グレイ』に確定らしい。
fl.jpg m(_ _)mなお私事ですが、『ポール・ウォーカー』の消えた「Fast and Furious 」には興味ありませんので、これ以上の製作情報を追う事はありません。あしからず(;-;)

ポール・ウォーカーの遺児「メドゥ」がポルシェを相手に訴訟を起こしている続報ですが、ポルシェ側は、ポール・ウォーカーは高度な知識と教養を持つ人物だったと前提したうえで、事故車両は不当に改造され、整備不良の状態だったとコメントしている。メドゥ側はこの様なハードスピードタイプの車両に、もしもの時の電子安定維持装置等を装備しなかったポルシェの不備を指摘した。
また裁判中分かった事は、報道されていた時速128キロ~150キロの走行速度は実際には100キロ~114キロの範囲であった。装備されていたシートベルトが事故の衝撃でポール・ウォーカーの身体をとてつもない力で拘束し、除骨や骨盤をへし折り、脱出不可能だった事が明らかになりました。幼馴染で親友のニュート・ウィマー 37歳(アクション映画スタントマン)がいち早く救助に駆けつけ、手に火傷を負いながらもポール・ウォーカーの足を持って車から引き出そうとした時、このシートベルトが!ウィマーは安全上の理由から警官隊に拘束されてしまいました。助かる手だてを失ったポール・ウォーカーは・・なおポール・ウォーカーの父親ポール・ウォーカー3世もポルシェ相手に損害賠償の訴えを起こしました。起訴内容は、事故車種の安定性やコントロール問題を以前より周知していたポルシェがなんら解決策を実施しなかったため事故が起こったというものです。
(2016.2.23 最新記事)

驚愕の事実!!『PAK-FAはステルスにあらず!』             [兵器図鑑㉙]

f22.JPG
ロッキード・マーティン社の『F-22』が今年の〈シンガポール航空ショー〉に出展された。アジアでの〈第5世代戦闘機〉需要の強さを改めて浮き彫りにした形だ。
PAK-FA.jpg ところで、ロシアは『スホイT-50 PAK-FA』を〈第5世代戦闘機〉と呼称しているが、機体を詳細に観察すると『PAK-FA』は〈名前だけ〉のモノだと気づく。ロッキード・マーティン社関係者は〈第5世代戦闘機〉と呼べる条件は、ステルス形状の機体だけではないと述べている。
ロシア防衛関連シンクタンクは以前に『PAK-FA』は現在『スホイSu-27/30』各型を運用中のアジア各国(インドネシア、マレーシア、ベトナム、中国等)が採用すると見込んでいた。ところがスホイ機の大口取引先だった中国は今や国産の次世代機の『成都J-20』と『瀋陽FC-31』を開発している。
Su27.jpg [Su-27]
Su-30.jpg [Su-30]
J-20.jpg [成都J-20]
FC-31.jpg [瀋陽FC-31]
『PAK-FA』事業に詳しいロシア専門家は、同機がアジア市場で高評価を得るのは難しいだろうとしている。その根拠として機内搭載システム類で〈第5世代機〉的機能がほとんどなく、他方で機体価格は中国、インドネシアが発注した『Su-35(フランカーE)』よりすこぶる高額になる。
su-35e.jpg [Su-35e]
『PAK-FA』搭載の〈NIIP製イルビスレーダー〉及び〈NPOサトゥルン製117Sエンジン〉は既に『Su-35』にも搭載されている。また『PAK-FA』と『Su-35』でエイビオニクスの大部分が共用だ。 『PAK-FA』の量産型で搭載システムが一気に刷新され『Su-35』と差別化される可能性は低いと上記のロシア専門家はみている。
Singapore Airshow 2016: Analysis - PAK-FA's Asian export hopes stymied by lack of 'fifth-generation' qualities
Reuben F Johnson, Singapore - IHS Jane's Defence Weekly 18 February 2016
http://www.janes.com/article/58166/singapore-airshow-2016-analysis-pak-fa-s-asian-export-hopes-stymied-by-lack-of-fifth-generation-qualitより抜粋。
そう言えば、キャノピーは既存タイプだったな。『F-22』や『F-35』のように内側一体成型じゃなかった。

『続・FUN CAR ㉟』 [FUN CARs 図鑑]



『メッサーシュミット kr200』
from FlyInCruiseIn /Sticky Features
『イセッタ 300』
from 2stroketurbo
おまけ:《マイクロカー》
from Top Gear

『続・FUN CAR ㉞』 [FUN CARs 図鑑]



『甦るランボルギーニ・ウラッコ 完全版』
from Velocity/Bestio Le Plumeux

『続・FUN CAR ㉝』 [FUN CARs 図鑑]


『甦る Amphicar 完全版』
from Wrecks To Riches | Automotive Channel

『続・FUN CAR ㉜』 [FUN CARs 図鑑]




『E-type』
from Hagerty/Top Gear/Jay Leno's Garage

『続・FUN CAR ㉛』 [FUN CARs 図鑑]



『3輪モーガン』
from The Hooniverse/Saabkyle04

『続・FUN CAR ㉚』 [FUN CARs 図鑑]

『ロータス4兄弟』
『Lotus 7/Caterham』
『 Lotus Elan』
『Lotus Europa』
『Lotus Esprit』
from Autocar/Men and Motors/Krzysztof Tylka/Hagerty
おまけ:《サーキットの狼ミュージアム》
所在地:茨城県神栖市息栖1127-26
■開館日:土曜・日曜・祝日
■開館時間:10:00~16:00
■入館料:大人800円/小・中・高校生400円
■URL:http://www.ookami-museum.com/

『第6世代戦闘機は米空軍と米海軍は異種機体に』 [兵器図鑑㉙]

NGAD.jpg
《ワシントンDC発》: 〈空軍参謀次長、計画立案要求性能担当〉ジェイムズ・M・ホームズ中将は『F-35』は各軍共同開発の形を取ったが、第6世代戦闘機は米空軍と海軍は別個の機体になりそうだと語った。それは空軍と海軍の軍事任務内容が異なるからだ。
第6世代機は『F-22』と海軍の『F/A-18』の後継機として2030年代実戦化を狙う。
「一部の技術は空海共用化出来ると思うが、機体そのものは同じにならないだろう。 昨年、2030年代以降も海軍と空軍が連合して代替策解析を実行し、航空優越性を確保する手段を模索するとしていた。が、海軍が独自に動き始め、空軍は置いて行かれた。
ホームズ中将が言うには空軍は「故意に1年をかけて全体像を見定める事としたのだ。空軍は〈能力連携チーム (CCT)〉を編成し、第6世代戦闘機の可能性を考察してきた。そして空軍は産業界、その他の軍組織や学界、技術陣、政府研究施設と共に選択肢を2つに絞り込んだ。〈CCT〉は春にも空軍上層部に検討結果を報告するはずだ。盛りだくさんな分野を有する空軍は、問題解決も複数分野にまたがる事をを配慮し、宇宙、サイバー、飛行の各分野で本当に何がやれるかを見極め空対空の優位性を取り戻す方法を熟考しているのだ」と話す
IMG.JPG 空軍は2017年度予算で複数の費目で実験と技術実証を求めており、第6世代戦闘機の開発リスクを低減する方針だとホームズ中将は説明している。第6世代機以外も含む広義の次世代制空戦闘機の予算は2017年度に20.600万ドルを確保し、2018年度2019年度は毎年約1300万ドルを研究開発に使うと予算説明書は解説している。これとは別に2017年度から2019年度に7500万ドル が〈イノベーションと実験〉用に確保されており、第6世代戦闘機にも使われると空軍は説明している。
「暫定的にはまず実験と技術実証でリスク低減をこれから必要となる技術性能について実施し、終盤には様々なシステムの〈ファミリー構造〉が出現する」とホームズ中将は述べた。

Sixth-Gen Fighter Likely Won’t Be Common Across Services, Air Force General Says
Lara Seligman and Phillip Swarts, Defense News, Military Times 6:29 p.m. EST February 12, 2016
http://www.defensenews.com/story/defense-news/2016/02/12/sixth-gen-fighter-likely-wont-common-across-services-air-force-general-says/80307248/
より抜粋。