So-net無料ブログ作成

『P-1を英国に売り込み!』 [兵器図鑑㉑]

P1.JPG
日本は海外輸出を狙う新明和US-2水陸両用長距離パトロール機に続き、新型対潜哨戒機川崎P-1を英国に2機送り、売込みをし掛る。
u.jpg 日本国海上自衛隊所属の2機が「ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー」に7月17日から19日にかけて出展され待望の国際デビューをする。地上展示のほか、飛行展示をグロスタシャー州RAFフェアフォード基地で行う。
日本は四発のP-1を海外に売り込む一環として英国の新型海洋哨戒機仕様に十分答えられると表明したい立場だ。英国は今年末発表予定の国防戦略計画で新型哨戒機の必要を 主張すると見られる。日本は軍用装備輸出規制を2014年に緩和し、海外売込みを目指して海外展示イベントに日本の国産軍用機が海外のエアショーに展示されるのは1997年以来初めてである。
Meteor.jpg 今年1月の報道で日本は昨年のファーンボロ航空ショーでP-1の出展を検討していたと確認されており、また日英両国は防衛協力を模索する中で日本の新型シーカーヘッド技術を英国の「MBDAメテオ空対空ミサイル」へ応用する事などで協議続行中である。
川崎P-1はロッキード・マーティンP-3オライオンに替わる機体で、日本では既に2013年から海上自衛隊が運用しており、2021年迄に総計20機が納入される予定だ。
p8-17.jpg 6.jpg ただし英国関係者の注目を集めるのはP-1だけではない。ボーイングは英海軍向けP-8ポセイドン哨戒機およびチャレンジャー(ビジネスジェットがベースの海洋監視専用機試作型)を出展する。
Kawasaki P-1 To Make International Debut In U.K.
Jul 7, 2015Tony Osborne | Aerospace Daily & Defense Report
http://aviationweek.com/defense/kawasaki-p-1-make-international-debut-uk
より抜粋。
[パンチ]ただ、P-1のウィークポイントは一言!脆弱なエンジンにあると海外の専門家は指摘しています。P-1の運航費用はP-8より相当高くなっており、燃料消費率が高い事とパーツ類の高額単価な事。また日本のエンジン開発は欧米より約30年遅れており、パワー不足と故障の多発から4発(2機故障しても残りのエンジンで飛行は補える)にしたので、GEやRR、PW(PW1215G等)のターボファンエンジンを採用していれば2発に収まり、故障も少なく、エンジンのパワーアップ、機体コストの削減、機体重量、航続距離、速度が更に向上したはずとの意見が多いです[もうやだ~(悲しい顔)]
[飛行機]P-1の関して海外の専門家たちが真面目なコメントを多く発言しているので、まとまりましたら改めて記事として載せようと思います(・_・)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0