So-net無料ブログ作成

『NHK森本アナが背負う「十字架」』 [★Topic!!]

痴漢.gif
(日刊ゲンダイ) 代償はあまりにも大きかった――。NHKは13日、強制わいせつ容疑で逮捕された森本健成アナウンサー(47)を停職3カ月の懲戒処分にすると発表した。停職中は給料は支給されない。
森本容疑者は11月半ば、東急田園都市線の車内で女子大生(23)の胸などを触って周囲の乗客に取り押さえられた。その後釈放され、今月7日、東京地検は不起訴処分を決定した。
NHKによれば、同局の処分で最も厳しいのは懲戒免職。次が停職で最長3カ月という。森本容疑者はクビに次ぐ重い処分を受けたわけだ。NHKは「被害女性との間に示談が成立していることなどを考慮して決定しました」(広報室)と説明する。
弁護士の山口宏氏はこう言う。「強制わいせつは親告罪なので、森本容疑者は被害者に謝罪し、金銭解決したと考えられます。もし起訴されたら刑事事件になるので免職の可能性も高かった。停職3カ月は妥当な線ではないでしょうか」
気になるのは森本容疑者の今後だ。アナウンサーに返り咲けるだろうか。「まず不可能です」というのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。
「アナウンサーにとって、わいせつ事件は一生かかっても消せない汚点です。その昔、金髪のコールガールをホテルに呼んでテレビ界引退に追い込まれた小島一慶よりずっとイメージが悪い。全国放送に出たら、NHKは視聴者から総攻撃を浴びてしまうし、地方の放送局でも物議をかもすでしょう。タクシー運転手への暴行で逮捕された松平定知アナとは問題の大きさが違います」
この先、どんな運命が待っているのか。
「NHKは職員が不祥事を起こしたら、地方に飛ばすのが慣例です。北海道や九州の支局に異動させ、総務とか車両手配などの地味な仕事に就かせるのではないか。地元で“あの森本がいる”とウワサになれば、すぐにほかの支局に移すでしょう。気の毒ですが、玉突きのようにあちこちを転々とすると思います」(テレビ関係者)いっそのこと、フリーに転身したほうがいいのではないか。
(日刊ゲンダイ2012年12月15日掲載)
[モバQ]亀は一生を棒に振った。この亀、家族居るのかな?いたら家族可哀そうだな・・・
コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1